Mozartのピアノソナタ

Mozartの最後のPiano Sonata K576の第1楽章を“弾いて”みました。この曲はのだめが初コンサートで弾いた曲です。第1楽章はAllegro、第2楽章はAdagio、第3楽章はAllegrettoであり、ドラマでは第1楽章前半と第3楽章の最後の部分が出てきます。最初にこの曲を聞いた時は軽やかで楽しそうな曲だな、と思ったけれ…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

のだめカンタービレ(2)

のだめカンタービレのもう1つのテーマは「教育」ではないかと思う。 のだめが幼いころに習ったピアノの先生は、ピアノのレッスン方法を自分(大人)の視点でしか考えることができず、自分の曲想を押付けるだけの厳しいレッスンに走ってしまう。その結果、のだめは強制されることに激しい拒否反応を示すようになり、それがトラウマになって大人になっても抜け出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ

クラシック音楽をテーマにしたTVドラマ「のだめカンタービレ」。 楽譜には作曲者の思いが込められている。けれども、楽譜に書かれているのは音の高さと長さ、強弱や演奏方法を示す簡単な記号や言葉であり、作曲者の思いそのものが直接書かれているわけではない。だから、楽譜に書かれた音の流れから作曲者の思いや心を感じ取り、それを表現することが本物の音…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

賀正

あけましておめでとうございます。 最後にこのブログウを書いたのは1年前の正月。もっと色々なことを書こうと思っていたのに、あっという間に1年が過ぎてしまいました。今年こそはこのブログを充実させようと思い、なにはともあれ、正月からブログを書き始めました。 話題は音楽とコンピュータを中心にするつもりです。音楽は直接心で感じるもの。言葉にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀正

明けましておめでとうございます。 新年の挨拶がずいぶん遅くなってしまった。 HPやBlogの更新をずっとサボっていたので、その勢いで正月の挨拶や更新もだいぶサボってしまった。それでも、HPは目立たないところを幾つか更新したよ。 去年からLinux(Fedora Core)をいじり始め、インストールであれこれと苦労してきた。ハー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部せんべい

最近、南部せんべいにはまっている。南部せんべいは塩分控えめでのどが渇いたりしないし、特に落花南部は薄味と適度の歯ごたえと香ばしさがお気に入り。ただし、少し値段が高いこともあって、売っている店は意外に少ない。車で10分以内にあるスーパー約10店の中で南部せんべいを売っているのは2店しかなく、しかも、両店とも品切れであることの方が多い。そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linux

最近、LinuxのFedora Core5をインストールして、あれこれとシステムをいじり回している。とりあえずはSambaを設定して、LAN経由でWindows Computerとファイルのやりとりをできるようにした。また、 Linux用のReal Playerをインストールして、マザーボード付属の音源を使って音楽を聴けるようにした。残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の連休

5月の連休になって、久しぶりにのんびりした毎日を過ごしました。 疲れが溜まっていたため、初日、2日目はほとんど1日中寝てばかり。 1日には久~~しぶりにゴルフに行ってきました。 このところずっと運動不足だったこともあって、ゴルフの最中に腰をひねってしまいました。 なんとか最後まで回ったけれど、スコアはボロボロ、しかも、2日、3日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛祭り

仕事に追われてバタバタしているうちに2月が終わってしまい、あっという間に3月になってしまったよ。そういえば、今日は雛祭り。子供達が小さかった頃は毎年雛人形を飾り、桃の節句を祝っていたけど、ここ数年、雛人形は押し入れの隅で埃を被ったままになっている。仕事もいいけれど、毎日の生活のゆとりももう少し取り戻さないといけないな、と思う今日この頃で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Maozart)は1756年1月27日23時にオーストリアのザルツブルグに生まれ、1791年12月5日、ウィーンにて35才の若さで没した。今年は生誕250年に当たり、オーストリアを始めとして世界中で式典やコンサートなどが開催されている。特に生誕の地ザルツブルグと最後の10年を過ごしたウィー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『音の小箱』コンサート

ピアニストのFさんとヴィオリストのAさんのコンビで続けてこられた「音の小箱」コンサート。 ヴァイオリニストのYさんをゲストに迎え、『音の小箱』vol.7~ウィーンわが夢の街~が昨日開催された。 3人の息がピッタリと合っており、素直ですっきりとした素晴らしい演奏でした。 前半はシューベルト、フックス、クライスラー、及びヨハン・シュト…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Computer 2

日本でコンピュータが販売され始めた頃、これを購入したのは新しい物好き、あるいはゲーム好きの一部のマニアであったと思う。当時売られていたソフトといえば、ほとんどがパックマン、インベーダー、麻雀、オセロ等のゲームであり、仕事に役立ちそうなソフトはほとんどなかった。あるいは、あったとしても、何十万円もする高価なソフトであり、とても個人で買える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Siesta (Original Song)

今年のお正月、風邪をひいてしまい、半分寝正月になってしまった。一日中うつらうつらしていて、なんとなく頭に浮かんだメロディーを曲にしてみた。お正月には8割程度作り上げたが、今日、残りの仕上げを行って完成させたので、とりあえず、ここで紹介することにした。 曲名は、Siesta(お昼寝) 曲を作るのは半年ぶり、ピアノ曲は1年半ぶり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Padva Trio

私のお気に入りの演奏家、“Padva Trio”。 メンバーは、バイオリニストの佐々木一樹さん、ピアニストの佐々木うららさん、そしてチェリストの佐々木まるもさん。うららさんとまるもさんは、一樹さんの娘さんだ。 佐々木一樹さんはイタリアのヴェネツィア合奏団(イ・ソリスティ・ヴェネティ)の首席奏者及びソリストとして活躍されている。娘さん…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Computer

私が初めてコンピュータを買ったのは1982年であり、機種は富士通製のFM7。 CPUはモトローラの6809であり、8ビットのCPUで、動作速度は、なんと、2MHzしかない。 最新のコンピュータに比べたら、動作速度は約1万分の1程度しかない遅いもの。メモリーも64kByte(MByteじゃないよ)しかなく、その中でプログラム用に使…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Blog開設

忙しい毎日が続いており、はたしてこのBlogを 維持できるかどうか、あまり自信がありません。 しかし、そんなことを言っていたのでは、いつまでたっても 始められないと思い、今日、思い切ってこのBlogを開設しました。 あまり話題を限定しないで、とにかくBlogを始めてみます。 みなさん、よろしくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more